2020年5月12日(火)に東京都江戸川区にオープンする「トライアンフ東京ベイ」がプレス向けに公開された。

通りに面した大きなユニオンジャックは、かすれたようなデザインとすることでビンテージ感を持たせ、約120年に渡るトライアンフの歴史を感じさせる。店舗づくりの際にもっともこだわったポイントのひとつとして挙げられた駐車場はゆったりとして余裕がある。一画にはシュアラスターとコラボした洗車スペースも設けられており、今後、洗車テクニックの講習会も企画されているのだとか。店内はガラス面が大きく取られていてとても開放的。車両展示スペースやワークショップも非常にゆったりとしていて快適に過ごすことができるだろう。

国内随一の販売実績を誇る「トライアンフ東京」に続く、株式会社SONIC MOTORS運営による2店舗目の同店には、これまでのノウハウとこだわりが各所に詰め込まれている。ぜひ足を運んでその目で確認してみてほしい。

そして、同店のオープンと、2020年5月1日に迎えた「トライアンフ東京」のオープン3周年を記念して限定車が発表された。Booyah企画代表であり、トライアンフ東京と東京ベイのオフィシャルフレンド&ライダーを務める采女華がSONIC MOTORSと共同プロデュースした「SPEED TWIN LIGHTNING EDITION」だ。

まず目に飛び込んでくるタンクとフロントフェアリングは、華が悩みに悩み抜いてチョイスしたLightning Blueに塗装。さらにゴールドのラインと、1907〜1922年に渡って使用されたトライアンフのロゴをあしらい、トライアンフのヒストリーとクラシカルなイメージを演出しながら、ユニセックスなデザインとなっている。ゼッケンは3桁まで自由に変更可能。サスペンションはNITRON製を装着し、走りを引き締めた。華の体格に合わせてサスペンションにより20mm、シートのアンコ抜きにより10mm、ダウンさせているが、もちろんオーナーに合わせて調整が可能だ。

車両本体価格は1,980,000円(消費税込)。専用フロントフェアリングは別売りで30,000円(消費税・取り付け工賃込)。トライアンフ東京・東京ベイ、両店でオーダー可能。受注生産となる。

このマシンの製作秘話は改めてBooyahで紹介していく予定だ。

トライアンフ東京ベイ (TRIUMPH TOKYO BAY)
〒134-0015
東京都江戸川区西瑞江5-5-10
TEL:03-3680-7400